スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月18日 23:28(At home)

ちょっと3DSの話します。

最近は3DSの予約戦争で話題なっていますね。まあ、いつものことです。
うちの日本タイトルの問屋も昨日発注情報来ました。
3DS本体ブル1台+ブラック1台でソフト5本発注しないといけないって感じです。
ってことは

本体1台 :ソフト2.5本

という割合ですね。
問屋さんとお店の実績によって多少割合が違ってくると思いますが、他のゲームショップ店長のTwitterのツイートとブログを覗いてみたら、大体どこも本体1:ソフト2?2.5本って割合です。
トイザらすとかデパートとか、直接任天堂と取引しているところはまた違うと思いますけどね。

昔にもブログに書いてありますが、海外では人気本体と人気タイトルの限定版だと、この手の出荷はよくあります。
なので、本体+ソフト2本+周辺機器(フィルターとか)で〇〇〇ドル?!ってセット販売も良く見かけます。
ただ、日本で抱き合わせ販売だとどうしてもマイナスなイメージがお店についてしまいます。

本体を買うお客さんは全員ソフト2?3本買うわけではなく、一部の方は本体のみ買っていく場合もありますので、この割合だと結局最終的にどこのお店もソフトが大量に残っていて値崩れになってしまいそうで怖いです。

さらに皆さんご存知の通り、メーカー関係なくすべてのゲームハードなんてメーカーも問屋も小売も儲けがなく(プリンター商法ね)、本体の卸し価格も大体定価に近くて、本体だけ定価25000円で売れても2.5本のソフトが売れなかったらおしまいですし、ソフトが値崩れしてしまったらトータルで赤字になりそうです。

店頭販売をやめて裏でオークションに流して、3万数千円で売って、ソフトのコストを0にしてそれを売れたら儲かるという方法のもよく見かけます。
場合によって本体を3万数千円売れて、定価5000円程度のソフトを2000円?3000円程度で投売りしてもいいですから、ソフトの値崩れが発生してしまうんです。

結論は、店頭で抱き合わせ商法もだめで、裏でオークションに流すのも嫌なお店は、この本体+ソフトの抱き合わせ販売祭には参加しないほうが吉です。

もちろん大手量販店、トイザらす、デパート、1次問屋とか使っているところは大丈夫ですけどね、あくまでもうちみたいな2次問屋使用の小さなゲームショップの話です。

うちはとりあえず今回は3DSの入荷をお見送りして、また落ち着いたら取り扱うかなっと。

3DSを狙っている方にアドバイスですが、とりあえず発売日に定価で手に入れられたらもう勝ち組です。オークションで定価より高額で買うのは我慢しましょう?転売屋さんの餌食にならないように、、、

今回3DSはリージョンロックらしいので、またアメリカに3DS発売されて日本発売なしの海外版3DSタイトルが充実したら海外版3DS本体と3DSソフトを取り扱うかもしれません?タイトル次第ですね?!

ではでは?


【Game Station広告】海外タイトルと国内タイトルの新作予約の店頭受取の場合は、お名前と電話番号だけで問題なしです!入荷次第の電話連絡も問題なしです?!
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。