FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月1日 22:04

お待たせしました。

ちょっとつまらない流通関係の話です。

今回のPS3/Xbox360 FIFA11の件です。

みなさんアジア版買えましたか?アジア版の発売日は28日ですが、29?30日にお問い合わせがいっぱいきていました。

「某サイトで予約したけど、初回入荷分に入らなくてGSOさんまだありますか?あったら買いたいです!」とか
「いつも買っているお店は入荷後すぐ売り切れて買えなかった、そちらはまだありますか?」とか

どこも足りない理由は、分納です。

※下記の記事はすべてアジア問屋のボスの愚痴による記事なので、噂だと思って見てください。


Q.分納って?

今回のFIFA11アジア版は、アジア問屋のボスの情報(愚痴)によると、EAが分納で出荷しています。発売日に発注本数の30%のみ出荷し、2週目は40%、3週目はまた30%で出荷します。

数字と回数は今後タイトルによって変わったりかもしれませんが、基本的にこんな感じです。

ただ、出荷は3回ですが、お金は最初から100%の分をもらうらしいです。


Q.分納の理由は?

昔にも書きましたが、アジア版は日本みたいに定価とかありますが、基本的に意味がなくて、株のとうに卸価格、小売価格は上がったり下がったりしています。足りない時は定価の150%にもなりますし、売れなかったらみんな投げ売りで定価の50%になることも?

理由は、価格を安定させるためです。(値崩れさせないためです)日本のゲームも、たまに分納があります。その場合は先払いではありませんけどね。期間も大体2日?1週間ぐらいで少しずつ出しています。大体ビッグタイトルほど分納になりますね。それと同じです。値崩れってメーカーのブランドに悪影響出ますからね。

絶対売れる、どこも多めに入れる!

発売になって、どこも多めに入れちゃって、Supply>Demand ってわけではないけど、思ったより売れ行きのスピードが遅いから、値下げして売る(資金の回転が間に合わないって理由で値下げしていくお店もある)

値下げしても売れるペースが遅い、赤字で売る

値崩れ

ユーザー「〇〇値崩れしてる、つまらないかな?」

ってなるわけです。メーカーとしては出荷したらもう売れるかどうかは小売のことですから、売れるかどうかはどうてもいいって感じですが、ただこうなると作品のブランドまで悪影響が出て、次回作の売上がだめになってしまう可能性も、、、(小売も次回作が発注しなくなる)

理由2、発注のキャンセルをさせないため。アジアのゲーム売りって、日本みたいに量販店とデパートとおもちゃ屋がシェア大きいってわけではないです。どっちかというと個人経営のゲームショップ、ゲームチェーン店が多いです。

今までは初回出荷がちょっと人気がないと、各問屋、ゲームショップじゃすでに発注済みの2次出荷をいきなりキャンセルすることもあります。それでメーカーが大怪我するので、とりあえず先に全金額をもらえば安心って感じです?

理由3、個人的な予想ですけど、アジア版は海外に流しすぎたから、初回出荷を減らして「各国のユーザーは自国版を買ってください!」ってことではないかと思いますね。確かに今まで一部のアジア版ソフトの出荷数は本体より数が多いです。本体10台しか売れてないのにゲームソフト20本売れるって、明らかに輸出しているじゃないかと、、、



Q.今後の分納タイトルは?

今のところはEAアジアのビッグタイトルだけって聞いてます。マイクロソフトのビッグタイトルもそうなるって噂があります。昔のブログにも書いたことがありますが、アジア版って数種類がありますが、パッケージに「漢文字」が書いてあるアジア版はそうなるじゃないかと思います。

ってことは、次要注意のタイトルはDead Space2かな、これは要注意です。たぶんFIFA11みたいに全然足りなくなるじゃないかと。

対象タイトルはまたもうちょっと詳しい情報出ましたらここで書きますね。


Q.分納によってうちと国内の洋ゲーショップにどう影響するか

影響は結構大きいです。Dead Space2とかは2、3回分けて入荷しても全然問題ありませんが、今回のFIFA11みたいに、日本版との発売差は3週間のみで、「早くできる」だけの理由で入荷して販売する物って、2次3次入荷ってかなり売りにくいではないかと、、、

予約制があるところはこれから慎重に予約やることになるんでしょうね。入荷次第販売のお店はそこまで気にしないでしょうね。

さらに安いアジア版はこうなったら、北米版がリージョンフリーかどうかって結構大事なことになります。今まで北米版リージョンフリーでもアジア版を入れているお店が多いですが、これからどっちも入れる手もあります。(北米版リージョンフリーの場合ね?)

アジアの問屋って結構ありますので、卸し方もいろいろあります。

たとえば、100本のゲーム、普通なら100本全部500円で卸す場合。

問屋Aの場合。メーカーの出荷みたいに3回分けて、30%、40%、30%で卸しますが、もちろん最初から5万円もらって、その後3回わけて普通に出荷する。

問屋Bの場合。最初の30%は700円で出荷して、次の40%は450円で出荷して、残りの30%は400円で出荷したりとか、初回入荷分が高くもらって、2,3次出荷は安くなっていきます。代わりに2次入荷も3次入荷も自由です。

そうすれば、発売時間差っていう理由で入荷している海外の国(例:今回は日本のお店が3週間の差でFIFA11を入れる。)は、2次入荷、3次入荷がいらなくても、ローカルで安く売れやすいわけです。


以上

以上、アジア問屋のボスの話です。最初はちょっと半信半疑でしたが、あっちこっちのFIFA11の状況を見て、なんとかく信じてきました。

今回はちょっとアジア問屋のボスにお願いして、うちの初回入荷は発注数の70%もくれて、ギリギリ予約している方全員渡せましたが、今後予約タイトルはもうちょっと慎重してやっていかないと。PS3版はなんかあったらUS版でなんとかなりますが、Xbox360版はUS版リージョンロックって可能性がありますから、さらに気をつけないと。

正直日本全国洋ゲーを入れるところが結構ありますので、ここで詳しくこう書いちゃっている自分は何もお得しない気がしますが、でも洋ゲーユーザーだけにこの情報を知らせてライバルには知らせない方法は思い付かないので、ここで書くしかないですね。

長くなりました。日本語が変で読みにくい、わかりづらいなどのクレームは受付しません。ご了承ください?!

では閉店して帰宅です。また明日!


【Game Station広告】Xbox360 Mafia2 3980円で処分セール中?!
スポンサーサイト
コメント

No title

勉強になります!とても面白いお話でした。
ありがとうございますv-218
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。