スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7-11の大根?!

Guitar Hero3については、お問い合わせが多いため、ここでちょっと説明致します。

海外のハードウェア、周辺機器など、基本的にはすべて保証なしになっています。大体の輸入ショップは1つの商品のマージンを高くして、リスクを減らしているんです。

例)仕入価格2000円の物は、普通でしたら、2200円?2300円で売るんです。マージン10%?15%です。
それを、3000円?3500円で売って、そうすれば
10個の中に1?2個不良品で、自腹新品交換しても損はしません。

ハードウェアだけではなく、ソフトウェアもそういう売り方が多いので、それは他のお店の価格高く設定する理由です。もちろん運がよく、すべての商品が問題なかったら、ボロ儲けになります。

そのやり方は是か非かここでちょっとコメントしません。けど自分はちょっとその売り方には抵抗感がありますので、Guitar Hero3のギター付きセットの販売をやめました。期待していた方には本当に申し訳ございませんでした。

先日お客さんから他の通販サイトの価格、送料、サービスをいろいろ教えていただきました。当店の5700円?5800円のソフトウェアは、6000円後半台、もしくは7000円で販売しているところもあります。1本売れたマージンは、当店が3?3.5本売れたマージンと同じです。つまり、うちの値段で100本売るより、そのまま高く30本売ったほうが良いです。

そういうお店、通販サイトは決してぼったくりではなく、商売としては正しいかもしれません。上にも言っていたように、リスクの保険のも原因のひとつなんです。そして、海外ゲームの商品確保が原因です。特にビッグタイトルの時、安く売る場合は500人買いますが、100本しか確保できないかもしれないし、高く100?200人に売ったほうが利益が出ます。その100?200人は誰であろう、常連であるかどうか、すべて関係がなく、ただの商売です。うちのお客さんは常連さんも多く、その中お友達みたいなお客さんもいっぱいいますので、その売り方は正しいかどうかは別として、個人的にはできません。

こういう話になりますと、ここで本当に褒めないといけないのは、日本の商売システムです。本でも、DVDでも、ゲームソフトでも、すべてメーカー定価があって、それより安く売ることがあっても、高く売ることはありません。それを見て本当に感心しました。

ちょっと長くなっちゃいますが、アジアのゲームショップの話をします。アジアと言っても、香港、台湾だけの話かもしれません。問屋、ゲームショップの価格は、すべてオークション状態になっています。

ゲームソフトは、人気さと在庫数により、値段がすごく変わります。たとえば、メーカー定価5800円の物は、今日発売されて、5800円で買えますが、明日行ったら6800円になっています。もしくは4800円になっています。株価より動きが激しいです。しかもそれはショップだけではなく、問屋さんの卸価格もそうです。間違えてぼったくり問屋さんに当たったら、仕入価格はとなりのゲームショップの販売価格より高いです。

ゲーム本体は日本と同じく、殆どマージンがないんです。そこでみんなセット販売です。NDSL,PSPとかは、セット販売です。
例)
本体+プロテクトフィルター+ソフトウェア1本+ケース
どのお店でもセットA,B,Cとかありまして、しかもお店によってはセット内容も微妙に違うし、本体買う人はすごく大変です。

売る側もやることが多いです。プロテクトフィルター貼ってあげて、本体の設定をしてあげて、場合によってはゲームのやり方も教えてあげるんです。(このボタンは攻撃、このボタンはジャンプとか)

あっ、関係ない話なんですが、7-11のおでんの大根はすごくおいしいですよ。自分はおでんの大根好きなんですが、すべてのコンビニの大根をほとんど食べたことがあります。でもやはり7-11のが一番おいしいです。お勧め!つぶ貝(189円)も食べてみたいんですが、高くて食べれません。大根2個買っても140円だから!(先ほど調べました)

あと、最近PSPの英雄伝説空の軌跡SCをやっていますが、おもしろいですよ。PSP持ちで、RPGも好きな方は、本当にお勧めです!やってみてください。けどFCから始めてください。FC>SCはストーリー繋がってるので。

ちょっと話が長くなってしまいました。
では?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。