スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームを買う基準

夕べっていうより、今日のAM1:00に寝て、さすがに6時に起きてチラシ配れませんでした。
遅くまで寝て、そして店に着いたら、まずメールをチェックし、
「発送済みメールありがとう」、
「商品到着したよ、ありがとう」などのメールが来ました。
読んでいて嬉しいです。次回も頑張らないといけません!

自分はゲームを買う時に、基準があります。

好きなタイトル、好みのジャンルでしたら、もう何も関係がなく、絶対買いますが、他のゲームを買う時の基準は遊べる時間と値段です。

基本的には400円1時間として考えています。
4800円のソフトなら、12時間も楽しめるんでしたら買います。

ゲーム内で何時間プレイしたか確認できるゲームありますよね。そういうのが好きです。しばらく遊んでまたその時間を見て、買った値段で割って、今のところは1時間何円だって計算しちゃうんです。(笑)
百時間も超えたら、これゲームってすごくお得じゃないんですか!!と思ったりしています。
子供の頃はゲームの棚に「遊べる時間お得ランキング」順で並べたこともあります。その頃はまだ日本語はあんまりわからなくて、日本語のRPGゲームを遊ぶ時に辞書を引きながらやっていましたので、日本の方にとって50時間のRPGは、自分にとっては100時間です。ですので「遊べる時間お得ランキング」の上位はいつもRPGゲームです(笑)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。